V度のやけど治療例


〜右足背部〜
この患者さんは1才3ヵ月の女の子です。アイロンでやけどし、来診されました。



●治療経過のコメント●

初診日 初診。
アイロン特有の第3度です     
3日後壊死部がとれてきました     
約1ヵ月後完全に乾きました
直ちに肥厚性瘢痕予防治療に入ります
約2ヶ月半後しかしそれにも関わらず、瘢痕は出てきました。ちなみに足背部は、肥厚性瘢痕になりやすい部位です。
この時期にじっくりと治療することが大切です。     
約11ヵ月後 瘢痕はだいぶ落ち着いてきました
約1年後 かなり目立たなくなってきました
お母さんも喜んでいました

※みなさんがこのようにキレイに治るとは限りません。患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。