色素沈着治療例


〜顔部〜

患者さんは変電室の中で作業中に電気がショートして火花と爆熱が顔や胸などを襲いました。患者さんの奥様がなんとかもとの顔にもどしてもらいたいと、石川県からご夫婦で来院されました。奥様の書かれた来院の記を読んでいただくと、当時のご家族の心情がお分かりいただけます。
写真は来院時と2回目が当院で撮影したものですが、その後の写真はご家族が写したもので条件がやや異なりますが、色白になり若々しくなっています。





●治療経過のコメント●

初診日 来院時の写真では色素沈着(シミ)が著しい     
20日後     
約1ヶ月後 色素沈着(シミ)の改善が見られる     
約1ヶ月半後 ご本人の自宅で撮影したもので条件が異なるが色素沈着の改善は良好である     
約2ヶ月弱後 自宅で撮影の写真だが、良好に経過していることがお分かり頂ける     


 ▲ページのTOPへ 



<患者さんの奥様のコメント>


今回先生にお世話になり、あの不安な気持ちでいた頃からわずか2ヵ月余りしか経っていないなど夢の様です。

平成○○年5月1日、東京出張中の主人から電話が入り、火傷で入院したとの事、でも話せるのだから大丈夫?不安な気持ちを抱え、3日の早朝娘と共に駆け付けた私達の目の前には、白覆面の下から真っ黒になった口、鼻、耳、周りがただれた様な目だけが見える主人がいました。娘はショックで倒れそうになり下痢状態、私は涙をこらえました。何とかしてあげたい…それだけが頭の中にありました。一週間後、迎えに行くと覆面もとれ、思ったよりは回復していましたが、前とは違う老人ぽい顔でした。
でもまだ良かったのだと思いながら、隠れる様に自宅に戻り、次の日から地元の病院に通院しました。顔は黒いままです。
「先生、黒い顔治りますか?」
「んー…色は残りますねぇ…」
何とか少しでも元通りにしてあげたい。
このまま残りの人生を過ごさせたくない…。
ワラにもすがる思いとはこの事でしょうか…。
娘がインターネットで川添医院を知り、事故から二週間目に夜行バスで東京に向いました。
お訪ねすると川添先生はとても気さくで、楽しい方でした。
綺麗に治りますよ、保障できますよ!
この言葉に私達は救われました。遠い所だけどお訪ねして良かったーと思いました。帰りのバスは行きとは違い久しぶりに旅行に出た二人の様に楽しくなりました。石川―東京と遠方の為伺ったのは2回だけですが、電話でお話させて頂いたり、薬を送って頂いたりと、本当にお世話になりました。先生の所のお薬とご指導のおかげで、すっかり綺麗になり、むしろ前より若くなった様な主人の顔写真を送るのも嬉しくなりました。

川添先生にお会い出来て本当に良かったです。
感謝の気持ちで一杯です。心から有難うございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。