ガソリンによるやけどの治療例


〜顔〜


ある日、いきなりこの顔で若い3人が診療室に入ってきた。(1人は軽度だったのでここには掲載していません) 私はちょっとびっくりしたが、 写真を撮りながら「大丈夫、必ずよくなるから・・」と言って落ち着いてもらうようにした。
海の仕事に携わっていて、ガソリンで引火したとのこと。当然のことながら 引火物に一番近いところにいた方のやけどが酷かったが、皆治療に熱心で協力的。綺麗に治すことができた。
やけど後に日焼けすると紫外線を浴びることはシミを作ることになるのだが、治療終了後しばらく経過してから来院したが、シミもなく綺麗に焼けていた。



●治療経過のコメント(治療経過)●
受診当日
2日経過
5日経過
2週間経過
約1ヶ月経過
(左)約5ヶ月経過
(右)約3ヶ月経過


※患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。