やけど治療例


ガソリンの引火によるやけど〜右大腿部〜


   【 医師のコメント 】   

48歳男性。右大腿部(前面、側面、後面)にガゾリンがかかり引火してしまう。2ヶ月弱他院で「湿潤療法」を続けていましたが一向に改善の兆しがなく、患部から悪臭が出るようになって来院。初診時には強烈な悪臭を放っていました。ご本人の許可を得て診察室の窓を開け、換気扇を回しての処置となりました。(悪臭の状況を伝えられなくて残念です)
これは患部に「いわゆるバイ菌」がついた状態、感染をおこしていました。感染をおこしていると患部は絶対に上皮化しません(乾きません)。「湿潤療法」をいつまでやっても無駄です。場合によっては植皮手術を薦められることにもなりかねません。

このような状態でも通常は当院の薬をつけて一週間もすれば感染は収まり悪臭をはなつことはなくなるのですが、この方の場合前面の部の感染が収まりにくく悪臭は少なくはなってきていてもなかなかとれません。この部だけ難治性となってしまいました。

 他の部は約二ヵ月半、前面は三ヵ月半での上皮化でした。上皮化の遅れは当院治療開始時期の遅れと感染が影響しているのかもしれません。初期に治療開始をしていればこの方の「初めの治療期間である約2ヶ月弱」の間に大部分の上皮化は可能だったかもしれません。やけどは初期治療が大切です。

その後の経過は「V度のやけどでとくに初期治療で難渋した場合」には上皮化後の1〜2ヶ月ごろから肥厚性瘢痕になることが避けられないのですが、それほど瘢痕が盛り上がることもなく比較的平らで柔らかくなっています。このようなことは稀なケースですので今後の治療観察は必要です。



●治療経過のコメント●
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★
前部
側部
後部
初診日



1ヶ月半後



約2ヶ月後



約2ヶ月半後



約4ヶ月半後
(上皮化)




約1年後

★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★


※患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。