やけど治療例


熱湯によるやけど〜左手部〜


   【 医師のコメント 】   

3歳女の子。スーパーの給湯器のお湯が熱湯のまま出て受傷。ただちに近医で治療を受ける。(そこでの治療は)患部を石鹸で洗いスプレー状の薬、軟膏、内服薬服用などをしながらのものだったが、石鹸で洗うということが極めて痛い。お子さんの泣くことに耐えられず当院に転科。当初は指と指の間がくっついていてこのままだと機能障害をきたしかねない。当院では無理やり洗うことはしない。指一本一本、丁寧に薬をつけて患部が痛くなくなってきたらシャワーなどをかけてゆく。結果はご覧の通り機能障害もなく、綺麗になった。


●治療経過●
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★
掌部
甲部
初診日



4日後


約1週間半日後


約2ヶ月後


約3ヶ月後
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★



※患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。