V度のやけど治療例


〜腋窩部〜
(えきかぶ)
患者さんは30代の女性です。着衣着火(綿のシャツ着用)により受傷しました。当初、他の病院では手術を勧められましたが、知人の紹介で当院にいらっしゃいました。現在ではだいぶ回復しました。



●治療経過のコメント●

初診日 初診     
3日後壊死に陥った皮膚が、当院の軟膏治療によって無理なくとれている。壊死した皮膚はほかの医療機関でははさみで取り除く(これが非常に痛い為、麻酔をすることもある)か、植皮手術しないと取れないが、当院では自然にとれてくる。     
約2週間後皮膚の上皮化が進んでいる(表面が乾いてきている)
約4ヶ月後11月15日、一部、瘢痕(赤い部分)が残っているが、新しい皮膚が再生している     
約11ヵ月後 2月上旬からマッサージ、リハビリ(腕の上げ下ろし)を開始。現在は腕の上げ下ろしに不自由しない状況まで回復


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。