やけど治療例


アルコールランプによるやけど〜左下腿部〜


   【 医師のコメント 】   

埼玉県在住の男性。所謂着衣着火による受傷。約1ヶ月半後に来院。それまでは湿潤療法を受けていた。その際患部にシャンプーをつけてご自分の手で直接洗うよう指示された。患部洗浄をしないと感染の危険が増すために絶対にやるようと言われた。これには激痛を伴う。また病院での治療はデブリドマンも行われた。これも激痛である。患者さんは二つの激痛と安静時の激痛と三つの痛みに耐えなくてはならなかった。精神的に落ち込んでしまうのは無理からぬことだった。
当院では2つの処置はやらないしやる必要がない。
やらなくても壊死部は自然に取れてくる。少なくとも2つの激痛からは解放される。
 勿論3度という深いやけどは簡単にはいかない。患者さんには「「約2ヶ月半で上皮化するでしょう」」とお話したが(写真7)はニケ月半のときのもの。ほんの少し潰瘍のところがあるが約束はほぼ果たせたと考えている。今後は肥厚性瘢痕の治療にはいる


●治療経過●
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★
【 前面 】
【 側面 】
【写真1】
当院初診
【写真2】
10日後
【写真3】
約3週間後
【写真4】
約1ヵ月後
【写真5】
約1ヵ月半後
【写真6】
約2ヵ月後
【写真7】
約2ヶ月半後
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★

※患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。