やけど治療例


ホットプレートによるやけど〜左大腿部(ふともも)〜


   【 医師のコメント 】   

5歳の女の子。ホットプレートのコンセントに躓いて転倒したところに食卓の上から太ももにホットプレートが落ちてその下敷きになってしまった。湿潤療法を続けていたが六ヶ月を経ても一向に回復の傾向がみられず、不良肉芽を形成していた。これはオートバイのマフラーの下敷きになった患者様と同じ条件。当院の治療開始から丁度30日で完全に乾いた(上皮化)。
今後は肥厚性瘢痕の治療に専念することになる


●治療経過●
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★
当院初診日
3日後
1週間半後
20日後
約1ヶ月後
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★


   【 お母さんのコメント 】   

夕食の準備中、5才の娘がホットプレートのコンセントに躓き転倒した上に、食卓からホットプレートが落ちてしまって両足が下敷きになってしまいました!左足ももの裏側とふくらはぎ、かかと右足膝の内側と4箇所火傷してしまいました。

シャワーで冷やしてる間にみるみる水ぶくれになって、その時にはやぶれてしまって、救急センターについた時はすこし、青紫のような色で、皮膚がしわくちゃになってしまいました。

処置はスプレー、クリーム、ガーゼ、包帯で、両足ミイラのようでした。

その日の夜は何もいたがらずに娘は寝てくれましたが、私は一睡もできませんでした!すぐにネットや知り合いに電話をして、湿潤療法をしりいろいろ調べました。翌日私が住んでる地域では、湿潤療法をしている病院は一軒しかありませんでしたが、そこの先生も二度の火傷だから二週間で治りますよ!そう言われたので、先生が2人とも同じ事をいったから、よかったぁ!と思いました。

それから二週間もかからず、左足ももの裏側以外はきれいに上皮化しました。でも、それから、左足ももの裏側だけは、全然治らず、逆に処置でも痛がるようになりました。黄色い壊死組織もでて、なんとなくここはひどいんだなぁと感じました。でも、先生には治るよといわれ、その言葉に安心していました。でも、それから二ヶ月、三ヶ月と過ぎていきました。全く毎日変化なしでした。今思うと、早く川添医院に行っていたら、もうこの辺りで上皮化していたんだなぁと思います。でも、先生の言葉を信じてその後も、四ヶ月、五ヶ月と通いました。でも、もう次の年になり、あまりにも治らないと感じ、以前から気にしていた川添医院に電話をしてみました。

最初はお正月休みだったからか留守でした。それから5日後電話をしてみたら、先生らしき男の方がでてくれました。私の娘が、火傷をして半年経過してますが、もう皮膚はできないでしょうか?と聞くと、力強いお言葉で、そんなことは絶対にない!絶対乾きますよ!と・・・その後もいろいろ質問しても答えてくださって、電話をきったあとは、私が決心ついて、母に上のお姉ちゃんのお迎えのお願い。会社の同僚にお休みをもらえるように電話をすぐかけました。そして翌日下調べしてからむかったので、迷うことなくすんなりと川添医院に到着しました。

娘と緊張しながら扉を開けると、従業員の方も、先生もとても優しくて、安心しました。診断結果は1番ひどい三度の火傷でした。火傷は素人感覚で甘く見てはいけないと痛感した瞬間でした・・・。

それから処置の仕方も丁寧に教えてくれて、しかも簡単でした。通院し始めてから、4日後からみるみる上皮化してくるのがわかって、毎日処置するのが楽しみになりました。火傷してから、ずっと患部をものさしで測っていたので、毎日二ミリずつは確実に上皮化してました。そして、通院し始めてから、三十日で、すべて上皮化!本当にうれしくて、しかも皮膚移植の可能性もなくなり本当にうれしくて、そしてほっとしました。

今は通院も月1になり、瘢痕の治療をしていますが、皮膚の変化を感じています。私の娘は受傷してから、半年たってからでも、上皮化しました。今思えば後悔ですが、もっと早く川添医院に通えばよかったと実感しています。悩まず、火傷をしてしまった方、今すぐむかってください!本当、さすがに専門医です!本当に本当に感謝してもしきれません!どのくらいまで綺麗になるか楽しみです。

※患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。