やけど治療例


スプレー缶爆発によるやけど〜両腕・両手部〜


   【 医師のコメント 】   

京都在住の、ハワイアンダンスの公演活動や生徒さんを教えているプロの方。
使用済みのスプレー缶の処理をしようとしていたらコンロに引火。手や腕はハワイアンでは特に重要なところ。
幸い綺麗になって公演にも支障なく元気に仕事に邁進されている。


●治療経過●
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★
【 手部 】
右手・・・左手
【 腕部 】
右腕・・・左腕
初診日
1日後
1週間後
2週間後
1ヶ月1週間後
1ヶ月3週間後
4ヶ月後
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★


   【 患者さんの治療体験談 】   


私の不注意から火傷をおいました。
スプレー缶の処理をしてる時ガスコンロの火に引火、上半身が火に覆われ、すぐにシャワーを浴び30分経ちましたが痛みはとれず救急で運ばれ処置をしてもらいました。
地元の総合病院に通院していましたが、ガーゼを取るときとても痛い思いをするのと、包帯の巻き方が指もまとめて巻かれるので指同士が触れて痛く、また黒くなった指が見えたりして人目も気にしていました。

そんな時、私の恩師が雑誌を見て川添先生の事を知り、通った方からの情報も聞き火傷から2週間経っていましたが東京まで通うことにしました。

淡々と処置されるので最初はほんまに大丈夫かな?と不安になりましたが、次の日には明らかによくなったのがわかり、痛くないし包帯も指1本ずつ巻いてくれる。。。治ると信じよう!

何より早く治したかった理由、私はフラダンスを習いそして指導してるからです。
腕全部を出して指先まで表現する動きができないのは辛かったですが、絶対治る!治ったらまた舞台で踊ろうねと毎日腕に話しかけてました。

今ではどこが火傷痕?と言われる位になりました。
川添先生、助けて下さった皆様に感謝いたします。
本当にありがとうございました。

※患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。