やけど治療例


風呂の熱湯によるやけど〜右足部〜


   【 医師のコメント 】   

名古屋在住の女性。仕事で勤務先が変更になり千葉から名古屋へ転勤。
転勤直後の慣れない土地や部屋、疲労などがかさなりうっかり熱湯の入ったバスタブに足をいれてしまい受傷。その経緯はご自身のお話に詳しく記述されている。
仕事上、ケロイドや瘢痕、引きつれによる変形などの無い足の形を要求されているため、熱心に治療に専念された。写真は治療途中だがより綺麗にするための治療はこの後も続けている。


●治療経過●
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★
【 右足部前面 】
【 右足部外側面 】
【 右足部内側面 】
初診日
3日後
1週間後
9日後
10日後
12日後
3週間後
約1ヶ月後
約2ヶ月後
★写真画像をクリックすると大きな写真がご覧いただけます★

※患者さんの体質や当院に来る前までの医療機関、
家などでの処置にもよりますが家族みんなで協力して治していくことが大切です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホーム


やけどに関するお問い合わせは、直接川添医院までおたずね下さい。

TEL:03−3971−0830


制作、協力NWC(株)日本Webコンセプツ
copyright(c)NWC,1997 All right reserved.
ホームページに関するご意見お問い合わせはwebmasterまでお願いします。